北へ還る前の日々に ベニマシコ

お猿の顔のように

全体に紅色と印象される、尾の長いスズメといったシルエット。
この美しい小鳥は「ベニマシコ」と呼ばれ、漢字では「紅猿子」と書かれます。
「・・・猿(ましら)のように軽々と屋根から屋根を伝って・・・」などと表現されることがあるとおり、「マシコ」とはお猿さんのこと。


納得

ベニマシコを一目見れば「なるほど!」と納得です。
全体の印象もさりながら、目の周りの紅色がとりわけ濃く、アングルによってはお猿さんにとてもよく似ているのです。
それも、サル山のボスザルといった貫録を感じさせる個体もあります。
ここに挙げた写真はどれも冬の終わり頃のものですが、夏場にはもっと鮮やかに紅く色付くのだそうです。

“北へ還る前の日々に ベニマシコ” の続きを読む

まさかの優しいつぶやき イカル

まるで礼拝堂に迷い込んだように

数年前、木の芽が動き始めるかという早春の頃。
とある林の中に踏み入って・・・足が止まってしまいました。
木々たちが歌っている!
控え目で優しい音色が、林全体を包み込んでいたのです。

重なり合った枝の中に、何羽かのイカルが見付かりました。
灰色の全体に、烏天狗のような巨大なクチバシ。そのクチバシは黄色。太めのムクドリといったドスノ効いたシルエット・・・見間違いようもありません。
春のBGM・・・まさか。これがこわもてのイカルたちによって奏でられているとは、その時は気付きませんでした。

イカルの鳴き声「さえずり」といえば、「イカルコキー」「キーコキーキー」「お菊二十四」「蓑笠着い」「月・星・日」などと聞きなされています。
私には「特急列車来い!」としか聞こえない甲高いもので・・・ホームの黄色線から下がって待てというような警告だとすればピッタリの調子だと思います。
おしまいが「キーッ」とか「ヒーッ」と切り上がって鋭く響き渡るもので、あたりを包み込むようなBGM風とは正反対です。
「イカルコキー」という聞きなしから「イカル」という名前が、「月・星・日」と聞いたことから「三光鳥」という呼び方が、それぞれ生まれています。

すると、春のBGMは「さえずり」ではなく「地鳴き」だということになりますが、イカルの地鳴きというのは「キヨッキヨッ」という比較的単純で短いものだと説明されており、私も「そんなところだろう」と思い込んでしまっていたわけです。

“まさかの優しいつぶやき イカル” の続きを読む

奇跡のV字回復 オナガ

黒いスイミングキャップを被って、全体はくすんだ水色。
ヒヨドリほどの大きさの身体に目立って長い尾。それでオナガ。
トレーマークの長い尾をなびかせながら、縦隊になってするすると木立を縫うありさまには、舞を見るような独特な雰囲気があります。
スマートさに似合わず「ギューィ ゲーイ ギー」などと鳴き交わすのが似合っているような、そうでないような・・・。


不思議な盛衰

4・50年前から繁殖が激減しました。
全く新しい托卵先として、「カッコウ」に目を付けられたための災難で、「托卵」ということに未経験だったオナガは良いように利用され、殊に西日本ではほとんど姿が見られなくなったといいます。
カッコウのヒナはセッティングされた通りにオナガの卵たちよりも少し前に孵化し、この世にあらわれて一番初めにすることは・・・仮の兄弟たちの入った卵を背中に当ててエンヤコラ。一つまた一つ、巣の縁まで持ち上げて押し出してしまうという仕事です。勿論、仮の兄弟たちは落下して潰れてしまいます。
羽毛も生えてない鳥肌、眼も見えているのかどうか。こんな時期になされる鬼気迫る奮闘で、兄弟のことごとくを始末するまで止めはしません。
だまされた里親が運んでくる餌を独り占めするためにすることですが・・・カッコウは「半端ない」のです。

数十年間、関東でもオナガの個体数は減少しました。
たまに見かけることがあっても、ぼそぼそに毛羽立って、すくみあがっているかのようでした。

一族の命運は尽きるかというときに・・・

オナガはカラスの親戚であるだけに、学習能力が高く、団結して行動する能力もなかなかのもののようです。

何が起こっているかを理解するようになったのです。
あわやというタイミングで、エナガたちは巣に産み付けられたカッコウの卵を見分けて、つまみ出してしまう眼力を備えることができました。
さらには、グループで見張っていて、カッコウがあたりに近づくと激しく攻撃して駆逐するようになったといいます。
あやうく逆転のV字回復。進化というものは驚くほどの短期間で進むことがあるという実例だとされています。

そうしたわけで、この頃また、オナガにお目にかかれるようになりました。
冬の終わりの頃に私が出会った群れは、互いに見張りを置きながら悠々と水を飲み合っておりました。長いシッポを振り立て振り立て・・・。


一時期よりも色つやが良くなり、体格もがっしりしてきて、群れは自信に溢れているようです。楽しそうです。
私にはそのように映ります。

空飛ぶマシュマロ エナガ

冬枯れの林の中で

冬枯れの林の中で、下生えの雑草がきれいに色付いているのを、しゃがみこんで見ていた時のことです。
ひらりと動くものを感じたので、ふと目を上げると、私は結構に賑やかなエナガの群れのただなかに居たのでした。

私を包み込むように、ひらりひらり。あちらでもこちらでも。
エナガたちは絡みついて霜枯れている蔓の葉を、一つ一つ入念に品定めをしているように見えました。虫の卵などをほじくり出しているのでしょう。
それぞれ勝手に飛び移っているようでいて、群れ全体は一定の方向に一定のリズムで移動しておりました。

“空飛ぶマシュマロ エナガ” の続きを読む

ミサゴ 大きすぎた獲物にてこずる

「ミサゴ」はトビほどの体格をした猛禽類ですが、白さが映えるせいか翼が大きく見え、とりわけ、羽ばたきがしなやかに見えます。
「野鳥」のカテゴリーの中で、少し前に紹介しました。
https://row-bow.tokyo/wild-birds-2021-12-30/

ホバリングの華麗さ 長い待ち時間

水中の魚を襲うタイミングを計るための停止飛行(ホバリング)の華麗ぶりが有名ですが、その一方で、これという枝に止まったまま一時間も二時間も獲物を待ち続けるという辛抱強さを見せることがあります。
対岸からの撮影のために、光学ズームを超えて電子ズームに入っていて、あまり鮮明な画像を得られてはいません。ここに写っているミサゴは、なんだかふくれっ面をしているように見えます。

おなじ猛禽類のノスリも、小動物を捕らえる際にホバリングを使えるというところと、枝の一点でじっとチャンスを待ち続けるという習性とがミサゴに似ており、そうしたせいか、ミサゴとノスリがあまり離れないところに止まっていることがあります。互いに無視し合うようにひっそりと・・・おなじ樹にたたずんでいることさえあります。

近くも近く、ミサゴの後ろに、ノスリに特有のカーキーなベスト風の胸の模様が見えます。

“ミサゴ 大きすぎた獲物にてこずる” の続きを読む

重さ比べ エナガ・メジロ・シジュウカラ

多摩川のススキの群生

冬の東京近辺は、北陸地方に住んでいる人たちには申し訳ないと思われるばかりに、天候に恵まれます。この年も正月を挟んで小春日和が続きました。

多摩川中流の、とある堰を乗り越えて落ちる流れの中で、3羽のカワウと数羽のセキレイが、贅沢な光のきらめきを楽しんでいるのを見掛けました。
カワウたちがのっそりと日向ぼっこをしているのと対照的に、どんな餌を探しているのやら、リズミカルにステップを踏み続けているのはキセキレイです。

周囲の河原一面に広がっている尾花の連なりは、ススキのものです。
本来、ススキは乾いたところを好んで、株ごとに根を縦に張るので、茎は株立ちになって中心から周囲に広がるように伸びるのですが・・・画面を見るかぎり、多くの茎が互いに垂直に立ち上がっているので、「オギ(荻)じゃないの?」と疑いたくなるほどです・・・。

けれど、この群生は間違いなくススキなのです。
ススキは刈り取りに強く、刈れば刈るほど増えるといった特性を備えていますから、思えば、まとまった雨が降るごとに状況が一変する河原こそが、ススキのしぶとさが発揮される舞台であるのでしょう。
目の前のススキの茎たちが垂直に伸び立っているということは、先年の夏から冬にかけては、河原の土や石がごっそり持って行かれるというような大雨が無かったからだとして良さそうです。
“重さ比べ エナガ・メジロ・シジュウカラ” の続きを読む

大きな白い翼 しなやかな羽ばたき    「ミサゴ」

鮨の始まりになったという伝承

トビほどの大きさをした猛禽類の一つに「ミサゴ」という種類があります。別名を「ウオタカ」と呼ばれることがあるように、魚を獲物にしています。
魚を捕らえるために水の中に突っ込むときの「ビシャ!」という音が変わって「ミサゴ」呼ばれるようになったという説があります。
こんな伝承があります。

・・・漁師が、ミサゴが食べ残して隠した魚を見付け、ご飯に乗せて食べたところ、微妙に発酵していて大層に美味しかった。これが鮨の始まり・・・。

生鮮のものをネタにしている「握り寿司」ではなく、少し発酵(?)させた「ばってら鮨」や「松前鮨」などのヒントとなったのかも知れません。
それで、全国の寿司屋さんを調べると、「みさごずし」という看板が一番多いのだそうです。

多摩川の中流の堰で

多摩川には幾つもの堰(せき)があります。飲み水の確保や潅漑のために、江戸時代に作られたものも少なくなく、例えば、「羽村の堰」で取り入れられてはるばる江戸の街に向かった「玉川用水」は、その設計の巧みさと難工事とが「玉川兄弟」の偉業として有名です。

この晩秋、多摩川中流の堰に拡がった浅い池の対岸に、私は一羽の猛禽らしい姿を見付けました。枝の上で、何かをつついているようです。
初めは「ノスリ」か「オオタカ」かな、と見当を付けました。けれど、全体の色味の印象から、どうも違うようだと感じました。

冠羽 白くて大きな翼

対岸の白っぽい点は結構に遠くであったので、130倍に近い超望遠でアップしましたが、最近のカメラは強引なまでにブレ防止機能が組み込まれているとはいえ、手持ちでは、さすがにぐらぐらして長くは持ち堪えられません。私の腕力では・・・。

けれども、一部を除いては純白の胸と脚、頭には冠羽(冠状に逆立った羽毛)が認められ、頑丈な脚で枝に押し付けているのは大きな魚(おそらく鯉)であることが判りました。

大きな獲物を丸いものの上に踏まえているのは難しいらしく、羽ばたきを繰り返してバランスを取ろうとしています。手を焼いているというよりも、楽しんでいるように見えました。
その羽根の裏の色。これで決まり。
「ミサゴ」です!

“大きな白い翼 しなやかな羽ばたき    「ミサゴ」” の続きを読む

キツツキの異端児 ユニークさゆえの汚名 アリスイ

河川敷での出会い

多摩川の河川敷には、大小の「クルミの木」が流れに沿うように並んで生えている処がよく有ります。
大雨が降って水かさが増した時に、実が下流に運ばれて芽吹くのでしょう。太った実がたわわに付いているのを見るのは楽しいものです。

晩秋のある晴れた日、中流の河川敷の藪を分け行って、ひときわ大きなクルミの木に近付くと、数羽の「ガビチョウ(画眉鳥)」の群れに出会いました。名前のとおり、目の周りのくっきりした隈取が際立った特徴です。写真を一目見れば頷けるでしょう。
   ガビチョウ
聞いている方がくたびれるほどの大声で長々と鳴き続ける鳥ですが、その割には低い藪の中を好んで、しかも用心深く、この時もそそくさと移動して行ってしまいました。

と、はじめは枯葉が揺れたのだと思いました。
クルミの木の下枝の向こうで枯草色のかたまりが動き、その中に目玉らしいものが見えました。
初めて見る野鳥でした!

  アリスイ 横向き大きさはガビチョウほど。つまり、スズメを一回り大きくした見当。頭から尻尾まで徹底して地味づくし。地味も地味。失礼ながら、先ず連想したのがワラジ(草鞋)。それも、使い古した手ぬぐいを裂いて編み上げたワラジでした。

“キツツキの異端児 ユニークさゆえの汚名 アリスイ” の続きを読む

御馳走を探す小鳥たち キュート派3 ヤマガラ

人なつこく ユーモラス

散歩の途中の公園や雑木林などで、スズメほどの小鳥がそこかしこと飛び動いているのが目に付き、黒いマフラーと茶色のマエカケが目立つようであれば、それはほぼ間違いなく「ヤマガラ」です。

「エサ台にピーナツを置いていたんだけど、だんだん近寄るようになって、とうとう手の平から持っていくようになったんだよ」という話を聞くことがあります。
ヤマガラは、とても人なつこいのです。それに、仕草や表情にどこかユーモラスというか剽軽というか、特有な雰囲気が感じられるものです。写真を見ただけでも分かるのではないでしょうか。

人なつこいどころか、ものすごい芸をこなしているのを見たことがあります。

“御馳走を探す小鳥たち キュート派3 ヤマガラ” の続きを読む

御馳走を探す小鳥たち キュート派2 メジロ

きりっと締まったウグイス色 真っ白なアイリング

メジロは、ウグイス色の小さな身体がきりっと締まっており、真っ白なアイリングをトレードマークにしています。

ヒナを育てる時には虫を捕らえますが、そのほかはかなり徹底した採食主義者で、ことに花の蜜が大好物です。庭のちょっとした生垣や小さな公園の花木を訪れ、しかも人をあまり怖がらないので、私たちには馴染みの深い野鳥の一つです。

つまり、甘い物が好きなのです。花蜜の他、熟し柿、ミカン、オレンジジュース、砂糖水などに集まることから、「庭に小鳥を」となると早くから訪れることが多く、一番の人気者になりましょう。「梅に鶯」ならぬ「梅に目白」なのです。

“御馳走を探す小鳥たち キュート派2 メジロ” の続きを読む