やっぱり可愛い チィパッパ 「スズメ」Ⅱ 

 スズメはクチバシやアシが太く、首もがっしりしており、目も賢そうです。ヒトの近くに、というよりも、ヒトの営みに大きく依存していながら、ヒトというものに決して気を許しません。賢い目が集まると、ほとんど無敵というべきで、3・4羽の小さな群れであったにしても、ネコなどの不意打ちに合うなどということはまずないでしょう。

 四季を通して私たちの近くに居るので、スズメだけでは俳句の季語にもなりにくいようで、季節感のある「雀の子」や「雀の巣」「寒雀」などとなって、ようやく句の題にもなるようです。
     
     雀の子そこのけそこのけ御馬が通る  一茶
     人に逃げ人になるるや雀の子     鬼貫
     寒雀てのひらほどの水浴びて     中村房子

やっぱり可愛い

 唱歌の「チィチィパッパ チィパッパ 雀のガッコの先生は・・・」を思い出します。

学級崩壊を狙う?

 

落ち着きました

 何かの拍子に、いっせいに飛び立って、どこかへ行ってしまいました。  

ロウボウ

投稿者: ロウボウ

長い間たずさわってきた少年矯正の仕事を退官し、また、かなりの時が経ちました。夕焼けを眺めるたびに、あと何度見られるだろうと思うこの頃。 身近な生き物たちとヒトへの想いと観察を綴りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です