この国の行方 Ⅸ キープ ジャパン ブライト

日本の「ブランド力」 世界一

 「時事通信社」が2019・6・29に配信した記事(勝手ながら1部を構成変え)

 [ロンドン時事] 日本の「ブランド力」は世界最高。英フューチュアーブランド社が25日発表。国・地域の評判を基準に算出した「フューチュアーブランド・カントリー指数」のランキングで、日本が1位となった。製品・サービスの信頼性のほか、健康的な食事や自然の美しさ、独得な文化などが世界で高い評価を得た。

 同社は「国・地域の力を測るのに、GDPや人口規模、核兵器の数に意味はあるだろうか」と指摘。・・・高い技術やイノベーションを背景にした製品・サービスよりも、西洋とは異なる無駄を省いたシンプルさなどを体現した独特な文化こそが「日本の偉大な輸出品」だと述べた。

 調査はGDPの上位75ヶ国・地域が対象。調査期間は今年1〜2月。過去1年で少なくとも1度は海外旅行をした計2500人にオンラインでインタビューを実施。さらに、交流サイト(SNS)に見られた各国・地域に関する投稿を多数の言語で分析し、22項目で採点した。

 日本は5年前の調査でも1位だった。2位はノルウエー(前回6位)。3位スイス(同2位)、4位スウェーデン(同4位)、5位フィンランド(同13位)。上位の国々は総じて、生活の質や環境への優しさなどが高く評価された。
 米国は5つ順位を落として12位に転落。トランプ大統領の言動が影響したとみられるという。EU離脱で混迷する英国も7つ順位を落として19位となった。近隣諸国では、韓国が20位(同20位)、中國は29位(同28位)だった。

ひよわな花 頑張る

  日本の内実。エネルギー自給率8%、食料自給率40%、木材自給率30%。
 原油の輸入路が少し波立っただけでも、ひやひやしなければならないような脆弱な基盤の上に咲く花は、ひよわに見えながらけっこうに弾力性があって逞しい。
  これまで日本流にやってきた結果が、「ブランド力世界一」の評価を受けているのである。「エイジングニッポン」とか「沈みゆく船」どころではない。脆弱なところを注意深く、少しずつ、たゆまず補修改善してゆけば、世界最高のブランド力をキープしてゆくことは、この国の人々の能力からして可能である。このところを若者たちに気付いてほしい!

  このブログのシリーズの「Ⅶ 再生 幸せな国へ」でも以前に書いた。・・・東方に小さな島国がある。どの方向にも開かれていて、特異な産物と文化と技術とを発信し、良いものは柔軟に取り入れる。おごらず、ひるまず、静かに自立している。平和と地球の環境を守るためには果敢で、国際連合には欠かせないメンバーである。人々は、勤勉で明るく、平等をモットウとし、慎重に計画した上で行動的である。安心して子育てができ、安心して死ねる社会を実現することができている・・・GDPが世界何位などというのは、どうでもいいことである。・・・キープ ジャパン ブライト!

ロウボウ

投稿者: ロウボウ

長い間たずさわってきた少年矯正の仕事を退官し、また、かなりの時が経ちました。夕焼けを眺めるたびに、あと何度見られるだろうと思うこの頃。 身近な生き物たちとヒトへの想いと観察を綴りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です