この国の行方 分岐点までのタイムリミット7~9年 Ⅱ どうにもならないのですか

これで良いのですか どうにもならないのですか 

 記事の中のグラフィックをもう一つここに示した。日本の若者たちは、意欲の低さ・自己評価の低さ・将来への希望の無さ、などの特性が主要国に比べて目立って高い。これは内閣府の2014年版の「子ども・若者白書」の資料を引用したものである。
 2014年版の「子ども・若者白書」はもう一つ、新聞が無視している特徴を明らかにしている。日本の若者たちは受け身で消極的な傾向を持ちながら、その一方で「自国のために役立つと思うようなことをしたい」と願っている率が、諸外国の若者よりも高いのである。これは慎重に判断しなければならない重要な特性であると思われるが、どういうわけか、新聞はスルーしている。
成功が保証されていないことには手を染めたくない」というのは完全主義のあらわれの一つである。これが「自国のために役立ちたい」という心情と組み合わされると、「自分から踏み出すのは自信がないけれども、だれかが決めてくれれば、自国の役に立つことをしたい」ということになるであろう。両刃の剣である。「誰かが決めてくれれば・・・」という心情が怖い。「いつか来た道」が目の前に透けるようで、なんだか怖くなる。

ロウボウ

投稿者: ロウボウ

長い間たずさわってきた少年矯正の仕事を退官し、また、かなりの時が経ちました。夕焼けを眺めるたびに、あと何度見られるだろうと思うこの頃。 身近な生き物たちとヒトへの想いと観察を綴りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です